顔の頬や目の周りにできたシミなどを薄くしたり消すためにできることは?メンズコスメの選び方や普段のスキンケアなどについて紹介しています

花弁状色素班は、残念ながら一度出来ると、ケアしなければずっと肌に残ります。
しかも、その部分にさらに紫外線を浴びてしまうと、
色がどんどん濃くなってしまいます。

ですから、とにかくケアをすることが重要なのですが、
自己流のケアではほとんどの場合改善出来ません。
その理由は、花弁状色素班を作り出すメラニン色素が、
肌細胞にしっかりと定着してしまっているからです。

普通のメラニン色素なら、ターンオーバーとともに表皮に押し上げられて排出出来ます。
でも、花弁状色素班のメラニン色素は、肌の内部に
居座ってしまっているので、簡単には排出出来ないのですね。

だから、花弁状色素班のケアをする場合には、
クリニックや美容外科に頼るしか無いとも言われています。

クリニックや美容外科での治療は、美白成分による治療かレーザー治療になります。
どちらの治療法になるかは、花弁状色素班の状態や肌の状態によって決まります。
美白成分で治療する場合、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、
レチノイン、コウジ酸などを使います。

ただし、美白成分が有効なのは、表皮に近い部分に
沈着しているメラニン色素になります。
花弁状色素班は、主に肌の深層部にメラニン色素が沈着してしまっています。
ですから、美白成分による治療は、軽度の花弁状色素班に
限られていると思っていいでしょう。

症状がひどい花弁状色素班なら、やはりレーザー治療を行うしかありません。
クリニックや美容外科でのレーザー治療では、
一般的にQスイッチレーザーというものを使います。

Qスイッチレーザーは、レーザーエネルギーが高く、
それを瞬間的に照射出来るので、肌へのダメージを
抑制しながら治療が出来ます。

他にも、ルビーレーザーやアレキサンドライトレーザーなどもあります。
レーザーそれぞれ花弁状色素班に対しての効果が違うので、
出来れば、いくつかのレーザーを採用している医療機関を選びましょう。
ただし、皮膚専門のクリニックや美容整形外科だからと言って、
どこでも治療出来るというものではありません。

ですから、事前に治療を行っているか確認をして、
花弁状色素班治療の実績がある医療機関を見つけてください。

男性に人気のシミ隠し&消しアイテム

ホワイト ケアトライアルセット
ホワイト ケアトライアルセット
365日間返金保証

ケシミンなど薬局で買えるシミ消しクリームで効果が出なかった男性に。ビーグレン独自のキューソームハイドロキノンが肌の奥まで届く。使い方のコツはハイドロキノン配合のクリームは寝る前に塗るのがオススメ

メンズ専用 NULLBBクリーム
メンズ専用 NULLBBクリーム
塗っているのをバレたくない男性に

自然に隠したい男性に。コンビニ後払い可能。婚活、面接、合コン前に。

BULK HOMME(バルクオム)
BULK HOMME(バルクオム)
メンズコスメ初心者向け

最初のキットは7日分。モテ肌を目指す男性に

<< ランキング最終更新日  2017/10/23 >>